召使の三十路オンナを肉便器として使っている! ヘンリー塚本

動画を再生
動画を再生
動画が再生できない場合は、リンク先で動画を再生してください。

おすすめのヘンリー塚本動画はこちら

>>おすすめのヘンリー塚本動画を詳しく見る
>>ヘンリー塚本動画について詳しく見る

このページを見た人はこんな動画も見ています。

●ヘンリー塚本について

ヘンリー塚本は昭和エロスの第一人者として広く認知されているAV監督です。1943年に東京都亀戸で生まれました。1985年、意外にも遅く自身が42歳のときにアダルトビデオメーカーの“FAプロ”を設立して熟女や人妻ものに特化した作品を次々に世に送り出していきました。

太平洋戦争末期に生まれたヘンリー塚本は東京大空襲により幼くして父親と二人の兄と死別してしまいます。途方に暮れたヘンリー塚本はとりあえず疎開先である千葉県の小さな農村に身を寄せました。ここで過ごした経験が後の作品を生み出すためのルーツになっていったようです。

性のルーツとしては日活ロマンポルノ(ダイニチ映配)との出会いがありました。日活は本来ポルノ映画ではなく一般的な映画を制作していましたが、徐々に経営が悪化していき制作費が従来の半分に抑えられるポルノを中心としたいわゆる成人向け映画の制作へシフトしていきました。今でこそ日活=ポルノと思っている人は多いかもしれませんが、最初からポルノ映画を制作していたわけではありませんでした。

ご多聞に漏れず健康優良男子であったヘンリー少年は、成長と共にエロ本やアダルトビデオへの好奇心も人並みかそれ以上に膨らんでいくのでした。疎開先である千葉県蝦夷郡は山、海、川、田んぼ、畑などが広がるおおらかで誰もが抱く“田舎”のイメージそのものでした。その日常や時代背景が彼の作品には色濃く投影されていると言えます。

例えば、農作業中の女性が何者かに襲われてしまうような作品はかなり多いですし、軍隊の兵士たちが空襲から避難している女性たちを拉致監禁して陵辱するような作品も多くあります。特筆すべきは全作品を通して言えることですが、一回一回の絡みのシーンが極端に短く、そして何回もそのようなシーンがあるのです。ラストに出演者がミュージカルのごとく全員で歌って踊るというAVにはありえない演出も特徴的です。彼にとってはアダルトも立派な芸術ということでしょう。それから女性器へのこだわり?として“おまんこ”と表現しています。それだけ神聖なものとして考えているのかもしれません。
三十路、四十路、五十路、六十路といったワードも頻繁に出てきます。高齢化社会の世相が反映されているのでしょうか。

ある意味閉鎖的な田舎の環境で育った経験が彼の作品の性的倒錯を象徴しているのかもしれません。

一般的にAVといえば、かわいくて、綺麗で、スタイルが良くて、セクシーで、若くて、巨乳でetcと女優の質が求められがちです。誰だって不細工で魅力のない女性よりも、自分好みで欲求を満たしてくれるような女優が出演しているものを選ぶと思います。しかし、ヘンリー塚本の監督作品にはそれは当てはまりません。
そもそも出演女優がかわいくて、セクシーで魅力的である必要がないのです。

畑で農作業している女性がつけまつげやマニキュア、真っ赤な口紅などしているわけがありませんし、戦後間もない田舎の人達の生活はそれどころではなく、今日を生きるのも必死だったことでしょう。あくまでも日常生活の延長にあるエロスを描く、それを一つの芸術として昇華させるのが彼の才能といえるでしょう。

ですから作品のジャンルも、不倫、団地妻、家政婦、義母、寝取られ、囚人、軍人、近親相姦、不貞、人妻、熟女、青姦、農家、レイプ、男装、おふくろ、浮気調査、温泉旅館、未亡人、緊縛、中年男女などかなりマニアックなジャンルやカテゴリーに偏っています。

先述の通り、日常生活の延長が作品のテーマとしてありますから、一つ一つストーリー性のあるドラマチックな作品がとても多いです。

男優と女優がセッティングされた場所で、照明やカメラの前でいざ本番という作品が主流の世の中ではヘンリー塚本はやはり珍しい、昭和エロスの生き証人とえるでしょう。男女の絡みとは関係ない部分も丁寧に描いているのでまるでドラマや映画を見ているような感覚に陥ります。ハン・リー塚本にとってAVとは単なるオナニーのオカズではなく、少年時代を振り返るアルバムのようなものなのかもしれません。

42歳の時に脱サラして、FAプロを設立してから早30年が過ぎました。ただひたすらに第一線で活躍してきたヘンリー塚本ですが、未だに作品に対する意欲は衰えることをしらず、
FAプロ30周年記念作品として” 熟女40~50代たちが狂うあ~いぐぅ””近親相姦とんでもない家族の性交の記録””女体レイプ監禁””ヘンリー塚本の接吻クレイジー””女体レイプ陵辱””エクスタシーネコとタチ”の6作品をリリースしました。

またアダルトビデオの祭典であるAVOPEN2017にも”必ずヌケるナマナマしい男女SEXド迫力映像””父ちゃんばいないと寂しか”の2作品を出品しました。今年に入ってからも昭和十年代~を描いた作品を立て続けにリリースするなど今でも昭和エロスえのこだわりは健在です。
生涯で世に送り出した作品も2000本を越えました。イチローの安打数みたいですね。継続は力なりとは正にこのことですね。

■ヘンリー塚本動画のおすすめ作品やシリーズを紹介します。
タイトルをクリックすると商品ページが開きます。

夫婦交換
スワッピングをテーマにした作品。旦那以外の男に抱かれたい願望を持つ淫乱妻たちのむき出しの欲望を描いたシリーズ。


中高年夫婦の性生活
熟年夫婦の性の実態を描く人気シリーズ。惚れた女のオマンコに自分のマラを挿入する幸せ。全国の熟年夫婦に捧げるハートフルポルノ作品。


近親相姦
本能のままに理性を失うほどの快楽。美貌、情熱、狂気に満ちた近親相姦。


お◯んこいい…
男と女が交わる時に漏れるあの声。息子の彼女、父親の後妻、独身女。
とにかく全員揃っておまんこいい!!!


院内性乱脈
院長を取り合う婦長と看護師や、院内で不倫セックスに興じる訳あり患者など登場人物全員淫乱。院内に蔓延する乱れた性の実態を暴く問題作。


昭和三部作
戦時中や戦後の日本を描いた作品。生きるために女たちは自らの身体を差し出す。
たくましく時代を生き抜く女たちの骨太ストーリー。


夫以外の男に抱かれて
夫以外の男性との初めてのセックスで背徳感にまみれながらも
燃え上がる情欲に戸惑う妻たち。


100分間のエロ本
ヘンリー塚本のエロ本的エロスここにあり。
中年男二股女や、隣人と不倫している人妻、娘の夫を寝取る義母など濃厚なエロスの香り漂う作品。


性的いたずら
珍しいロリータ作品。小さな身体に小さなお尻。まだ誰にも汚されていない純真無垢な身体を弄ぶ快感。


人生いろいろ
人生、人それぞれ。聞けば聞くほど興味のあるエロ話。日常生活に見え隠れする様々なエロスを生々しく映像化。


ネコとタチ
メスとメスが交わるレズ作品。津波の如く押し寄せるオーガズムに溺れる二匹のメス猫たち。


あ~中年男
他界した妻が残した義理の娘との禁断のSEX。義理の息子のオナニーを目撃する母親。家庭で起こる様々な肉欲行為を描く人気作品。


熟女、淑女、中年女
花の命は短いとよく言うけれど、女は中年と言われる年頃になってから更に美しく咲き誇る。恥じらいを捨て去り本能のままに求め合う男と女。ナマナマしい性交を描いた作品。


心に残り、心に沁みるヘンリー塚本官能ポルノ 現実社会では許されぬ性愛行為集

全6話による、世の中に転がっている現実にありそうなリアルを描いた作品。近親相姦や誘惑する娘などを小悪魔と例えて表現している作品です。


人妻三部作
夫婦にはそれぞれ事情がある。セックスレス、インポ、セックスに興味がない、色んな理由で満たされない人妻達が、他の男に快楽を求める妻の哀しき情愛。


KISSオブファイヤー
第二の生殖器といわれる唇。見れば見るほどにイヤラシイ唇と真っ赤なベロ。絡みつく唾液は愛液さながらのエロス。上の性器と下の性器が合体する様を鮮明に映し出す。


ヘンリー塚本のセックスのすすめ
自身通算2000タイトル目の記念作品。
セックスの快感こそが生きる証だということを全力で表現。辛い時も悲しい時もセックスしよう!!
挿入編

絶頂快楽編


ヘンリー塚本の作品を見ていると、他の作品とは違う部分がかなりあります。まず、アダルトビデオを見ているのに、映画を見ているような感覚に陥るということです。テーマやストーリーが必ずしもエロに直結していないことが要因としてあると思います。
学園モノやナンパモノのような如何にもなシチュエーションではなく、至って普通の日常風景も描かれているので、まるで官能小説を映像化したようなどこか純文学にも通じる世界観を見事に表現しています。

誰もいない部屋でティッシュ片手にドキドキワクワクしながら見るというよりは、エンターテイメントの一つとして、暇な時間に昔見た映画を見直すような感じに近いでしょうか。
もちろんその後することはするのですが…


それこそ、オナニーのためにはとにかく、エロくて、興奮するような直接的な描写がある方が販売数も伸びるでしょう。ただでさえ、AVも冬の時代と言われています。女優の質も昔に比べて格段に向上しています。お金のために出演する女の子が後を絶たない中、女優の出演強要問題なんかも取り沙汰され悪い意味で広く知られるようになってきているのも事実です。

一ユーザーがどうこう言ってもしょうがないかもしれませんが、世の中の男性諸君にとってはなくてはならない業界だとも思います。そんな問題もどこ吹く風かと思うくらいに淡々と作品を作り続ける職人魂には、私達にも見習う部分はあると思います。

業界が抱える問題を一つ一つクリアして更なる発展をしていくことが我々のオナニーライフの輝かしい未来につながっていくのではないでしょうか。
検索エンジンで無料動画、エロ動画と検索すれば動画配信サイトが無数にヒットする時代ですから、ヘンリー塚本のように、自分が信じた道を貫き通して生み出された魂の作品を1本でも多く皆さんの元へお届けできるようホームページの更新に努めて参ります。
さあ、このインターネットの世界に散りばめられたエッチな無料エロ動画をどんどん検索しましょう。当サイトにも動画は沢山ありますのでよろしくお願いします。


>>おすすめのヘンリー塚本動画を詳しく見る
>>ヘンリー塚本動画について詳しく見る
マイページ